世間の荒波RIDE ON!

B.B.bypassことget up 84こと84ことはっしーによる雑記

『サウルの息子』を観た

f:id:getup84:20160308070102j:plain

やっと福岡で上映された『サウルの息子』を観てきました。
 

サウルの息子

2015年・第68回カンヌ国際映画祭でグランプリ、第88回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞したハンガリー映画。アウシュビッツ解放70周年を記念し て製作され、強制収容所で死体処理に従事するユダヤ人のサウルが、息子の遺体を見つけ、ユダヤ教の教義に基づき葬ろうとする姿や、大量殺戮が行われていた 収容所の実態を描いた。

1944年10月、アウシュビッツ=ビルケナウ収容所。ナチスにより、同胞であるユダヤ人の死体処理を行う特殊部隊ゾンダーコマン ドに選抜されたハンガリーユダヤ人のサウル。ある日、ガス室で生き残った息子と思しき少年を発見したものの、少年はすぐにナチスによって処刑されてしま う。サウルは少年の遺体をなんとかして手厚く葬ろうとするが……。

ハンガリーの名匠タル・ベーラに師事したネメシュ・ラースロー監督の長編デビュー作。(映画.comより)

制作
2015年(ハンガリー
監督
ネメシュ・ラースロー
主演
ルーリグ・ゲーザ

 

感想

ナチスホロコーストを描いた映画。

ライムスター宇多丸のラジオで知って、福岡で上映されるのを心待ちにしていました。(感想も被る部分多数あり!)

土曜日のKBCシネマのレイトショーでしたが、なかなかの客入り。

 

撮り方

まず、映像の撮り方が特殊ですね。

POV方式(主観映像)を使って撮影されていて、物語の当事者のような感覚で観れます。

さらに、もともと昔の映画みたいに狭い比率の画面なのに、画面のほとんどをサウルの顔や後頭部が占めていて、残りのほとんどが一眼レフの写真みたいにボヤけています。その中に人の死体が無造作に積み上げられていたりするんですが、ただの背景のようなあまりの無造作ぶりに、余計しっかり目に焼き付いてしまいます。

 

ストーリー

冒頭のガス室のシーンから、本当にわけが分からないまま話がどんどん進んでいきます。自分が今何をしているのか、この作業はいったい何なのか、このままどこへ連れて行かれるのか。

このあたりの感覚が本当に凄くて、怖くて、4DXかのような体感型映画です。

 

息子

サウルの身勝手な行動が、この映画の票の分かれ目な気がしますが、そもそもあの”少年”は本当に”息子”だったのか?

「お前に息子はいない」というセリフなどからして、本当の息子ではない気がします。

あの少年こそがサウルにとって”人間の尊厳”であって”人としているための最終ライン”だったのではと思います。マクガフィンってやつですね。

キャッチコピーの”最期まで<人間>であり続けるためにー”

そう考えれば身勝手な行動もなんとなく分かる気が……

 

サウルの微笑

あと、ラストシーンのサウルの微笑。あの微笑の意味、すごい意見分かれそうですよね。

作中、唯一の笑顔。これがすごく辛いです。

私は”少年”が無事成仏できたことに対する笑みかと思ったんですが、まず幽霊ではなく地元の少年説もあり、もうずっと考えてるけど分からない!

でも、こういう終わり方、嫌いじゃないです!

 

 

映画評論家・町山智浩氏のブログを読んで理解が深まった部分も。

 『サウルの息子』の息子とラストについて - 映画評論家町山智浩アメリカ日記

アウシュビッツ内の写真や出来事の記事を、文字通り命を懸けて残すように、少年をちゃんと埋葬することで転生し後世に伝える(ユダヤ教は転生を信じる宗教)。そういった意味合いがあるのではないかということ。

ただこれだと、少年を部屋に連れてきたときに「記事を書いてることバラすぞ」みたいな脅ししますかね?

あと、サウルの微笑は、最後の少年は地元の子供で、見られたことで「これで外の世界の人にも情報を伝えれる」ということ。なるほど!

しかしこれだと、ドイツ兵普通に見逃してたけど、見逃しますかね?

 

とかとか、やっぱりいろんな意見があって面白いですね。

 

まとめ

観終わった後、一時何もしたくなくなるくらい衝撃を受けますが、本当に多くの人に観てもらいたい作品です。

歴史的事実という点でもですが、映画としてもすごく良くできた作品だと思います。

フィクションだけどノンフィクション。

現段階で2016年ベスト1! 間違いなく歴史に残る作品だと思います。

 

恥ずかしながら、ホロコースト物で有名な『シンドラーのリスト』とか『ライフイズビューティフル』とかしっかり観れてないので、これを機に観てみようと思いました。

 

https://www.instagram.com/p/BCkt2GXO8ql/

観てきた。良い悪いは抜きにして、観るべき映画。これが現実に起こっていた事とは。#サウルの息子 #sonofsaul


映画『サウルの息子』予告編

広告を非表示にする