世間の荒波RIDE ON!

B.B.bypassことget up 84こと84ことはっしーによる雑記

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』を4DXで観てきた

https://www.instagram.com/p/BCzqGGmO8qw/

マッドマックス旧三部作の復習も終わり、ついに見てきました『マッドマックス 怒りのデス・ロード 4DX』。

人生初の4DX。なんなら3D映画も初体験でした。

知り合いからは「結構揺れるよ!」と忠告されたものの、やはり自分で一度体験してみないと! というわけでそんな4DXの体験談です。

 

 

マッドマックス 怒りのデス・ロード

荒廃した近未来を舞台に妻子を殺された男マックスの復讐劇を描いた「マッドマックス」(1979)のシリーズ第4作。85年の「マッドマックス サンダー ドーム」以来30年ぶりの新作となり、監督・脚本は過去3作同様にジョージ・ミラーが担当。過去3作でメル・ギブソンが扮した主人公マックスを、新たに 「ダークナイト ライジング」「インセプション」のトム・ハーディが演じた。資源が枯渇し、法も秩序も崩壊した世界。愛する者を奪われ、荒野をさまようマックスは、砂漠を 支配する凶悪なイモータン・ジョーの軍団に捕らえられる。そこへジョー配下の女戦士フュリオサらが現れ、マックスはジョーへの反乱を計画する彼らと力をあ わせ、自由への逃走を開始する。フュリオサ役でシャーリーズ・セロンが共演。(映画.comより)

制作
2015年(アメリカ)
監督
ジョージ・ミラー
主演
トム・ハーディ

 

マッドマックス 怒りのデス・ロード』の感想

これで観るの3回目なんですが、やっぱりとんでもない作品です!

10年、いや30年に一本の名作・傑作ではないでしょうか。

なんといっても映像がハンパじゃない! 何度見てもアツくなります!

ストーリーは”行って帰ってくるだけ”と単調ですが、そこがまたシンプルでいい!

本当に無駄がないし、かといって内容が薄いわけではないです。むしろ情報量多くて観終わった後の喪失感バリバリです。

語られていることも多くて、観るたびに色々な視点で楽しめます。

 

特に好きなシーンは最後のマックスが名前を言うシーン。”輸血袋”から始まり、最終的に自分から”輸血”するあのシーン。グッときます。

 

「やっぱり映画は90年代までよ」「最近の映画なんて面白くねーよ」って思っていた時代が、私にもありました。

そんな考えを180度ひっくり返したこの『マッドマックス 怒りのデス・ロード』という映画。この映画のおかげで、最近の映画もチェックするようになりました。

人生のBEST5に入りますね。(他4本は決めてないけど。)

 

2Dと4DXの違い

まず4DXとはなんぞや? という方はコチラをどうぞ。

新次元の4Dアトラクションシアター ユナイテッド・シネマ|シネプレックス

 

ようするにUSJとかにある、座席が揺れるアレです。USJ行ったことないけど。

個人的には映画は2D主義。ミニシアター大好きですから。3Dですら邪道と思っていました。

じゃあ何で行ったかって? 何事も経験でしょ?

 

さて、この『マッドマックス』で4DXを観ようってもんだからとんでもない。

最初4DXの紹介映像みたいなのが流れて、実際に揺れを体験できるんですけど、もうその時点で「あっ、これ無理かも……」と思いました。

想像を遥かに超えた揺れ具合。後頭部がガンガンやられます。通常アトラクションは10~20分に対し、映画は2時間近くありますからね。「2時間これかよ……」と。

そして、さっそく”水”が出てくるスイッチをOFFにしました。劇中、ちらほらONにしてみたり、隣の席確認したりしましたが、結構濡れます。霧吹きで「シュ」ってされてる感じ。

 

4DX版の感想

やはり、この『マッドマックス 怒りのデス・ロード』という映画にピッタリな装置だと思います。ほんと、終始揺れっぱなし。常にバイブの上トラックの中にいる感じ。

もっと、主人公視点で体感させてくれたら入り込めたんですが、結構関係ないシーンでも揺れたりします。もうチャンスがあれば揺らしてやろう濡らしてやろう、という感じです。全然集中できません。

一応ポップコーンとかジュースは持ち込めるようですが、こぼれそう……

フラッシュや煙の演出は割とアリかなと思いましたが、風は結構寒いです。上着は脱いでロッカーへ入れさせられるので、油断していました。

といったところで、もう少し改善の余地はあるんじゃないですかね? 主人公視点だけの揺れであったり、もっと映画に入り込める工夫があれば、あるいは。

 

なんでも通常状態ではリミッターかかっているらしいですね。リミッター解除した上映会もあるとか。私にとっては恐怖でしかない(笑)

あと、3Dも初体験でしたが、こちらは良かったです。奥行がすごいあって。ただ4DXの揺れのせいでメガネがずれるずれる。あぁ、うっとうしい。

 

まとめ

といったわけで、4DXで鑑賞すると4倍疲れました。

まぁ『マッドマックス 怒りのデス・ロード』だったから許せるし、楽しめた部分もありますが、もうしばらくはいいかな……(笑)シートはなかなかの座り心地なので、マッサージ機としてしようできないでしょうか?(笑)

皆様も是非、一度体験してみたら如何でしょう?

 


映画『マッドマックス 怒りのデス・ロード』特報

4DXじゃないけどこちらの体感型映画もオススメ


 

広告を非表示にする