世間の荒波RIDE ON!

B.B.bypassことget up 84こと84ことはっしーによる雑記

『アデル、ブルーは熱い色』を観た

f:id:getup84:20160406023707j:plain

数人の友人から熱烈な推薦を受け、こちらの映画を観ました。『アデル、ブルーは熱い色』。

「とあるレズビアンカップルの話です。」ぐらいの前情報で観ましたが、すごく良かった。

 

アデル、ブルーは熱い色

教師を夢見る高校生アデル(アデル・エグザルコプロス)は、運命的に出会った青い髪の画家エマ(レア・セドゥ)の知性や独特の雰囲気に魅了され、二人は情 熱的に愛し合うようになる。数年後、念願の教師になったアデルは自らをモデルに絵を描くエマと一緒に住み、幸せに満ちあふれた毎日を過ごしていた。しかし エマの作品披露パーティーをきっかけに、二人の気持ちは徐々に擦れ違っていき……。(Yahoo!映画より)

制作
フランス(2013年)
監督
アブデラティフ・ケシシュ
主演
アデル・エグザルコプロス
レア・セドゥ

 

感想

以前から良い評判は聞いていまして、かなりの期待値で観ました。

まぁフランス映画だねー。女性が凄く好きそう。

 

映像はとにかく美しい。数々のシーンで”青”を特徴的に写してるのがすごく綺麗で好き。

主演のアデル・エグザルコプロスはとても新人とは思えない、堂々とした演技。彼女の為の映画と言っても過言ではないくらい魅力的ですね。

終始アデルの視点で描かれていて、彼女に感情移入するよう作られているよう。

エマの考えは詳しくは語られず、何を思っているか分からない。キレるシーンコワイ。でもカッコいい。

裕福な家庭で、芸術に囲まれて育ったエマと、堅実な家庭で、平凡に育ったアデル。まさに、育ってきた環境が違うからすれ違ってしまった、というところでしょうか。

最後、エマの個展にブルーのドレスを着て向かうアデル。未練たらたらですね。あわよくば復縁をって感じでしょうか。結局、住む世界の違いに圧倒され会場を去るアデル、それを追うアラブ系の男性。ここから第三章が始まりそうですね。

結局アデルは何も成長していないのではないでしょうか。凄く野性的で本能的。欲求に正直なアデル。子供です。でもそこが良い。

ストーリー的にはシンプルだし、別にレズビアンじゃなくてもよかったのでは? まぁその方が映像は綺麗になるしインパクトもあるけど。普通の男女の恋愛でもこういう事、あると思う。そういう面では感情移入しやすかったかも。

 

映画だけど映画じゃない、彼女の人生という物語そのものを見せられているような感じでした。

3時間という長い上映時間も丁寧に作られているからか、全然退屈しなかった。一見して損なしの映画!

(500)日のサマー』と並んで、私が選ぶ”女が好きそう映画TOP3”に認定です。

 

t.A.T.uを思い出したのは私だけ? 笑

 

アデル、ブルーは熱い色 [DVD]

アデル、ブルーは熱い色 [DVD]

 
アデル、ブルーは熱い色 スペシャル・エディション [Blu-ray]

アデル、ブルーは熱い色 スペシャル・エディション [Blu-ray]

 

 

広告を非表示にする