世間の荒波RIDE ON!

B.B.bypassことget up 84こと84ことはっしーによる雑記

8cmCDとDEENと私

先週の記事の中でとりあげた、DEEN8cmCDリリースの話。

8cmCDについて少し調べてみました。

先週の記事はこちら↓

 DEENと私

90年代を代表するロックバンド”DEEN

DEENは私もよく聴いていたバンドで、

とか、

とか、なんといっても

 とか思い出がいっぱい。

そんなDEENが10/7に発売したCDシングル『ずっと伝えたかったI LOVE YOU』

完全生産限定盤として8センチCDでリリースされました。

巷では「懐かしい!」「聞く方法が無い!」と盛り上がっていましたね。

が、そもそも何故今8センチCDでのリリースなのか?8センチCDの歴史と合わせてみていきたいと思います。

8センチCDの歴史

1982年にCDが登場し、1980年代半ばにはシングルレコード(SP盤)と12センチCDシングルが並行して発売されていた。しかし、12センチのCDシングルは

  • 最高74分収録できるのに2~3曲で使うのは無駄。
  • 生産コストがかかる。

といった理由であまり普及していなかった。

そこで1988年に登場したのが8センチCDである。

当時レコードがまだ主流だった時代に、レコードと一緒に並べられる縦長のケース。収録時間20分という手頃さから8センチCDはどんどん普及していった。

 

その後、レコードからCDへ時代が変化していく中で、

  • レコードの棚が減り、CDの棚がメインになることで、縦長のメリットが無くなった。
  • 再生機器が限定される(スロットイン方式だと再生できない
  • 12cmサイズメディアの普及により逆にコストがかかるようになった。

などの理由から8センチCDは徐々に衰退していった。

 

ちなみに、食玩として販売されたり、2013年にゴールデンボンバーが初回限定盤シングルとして使ったり、完全に消えてしまっていたわけではないようです。

 

8センチCDの思い出

なんか8センチCDの歴史悲しくなってきた。笑

私が初めて買った8センチCDは「運命の人/スピッツ」です。

運命の人

運命の人

 

 8センチCDって、真ん中パキッて折って小さくできるんですよね。やってる人ほとんどいなかったけど。

確かその折った部分、網状になってて、生卵の白身と黄身を分けるのに使えるって「伊東家の食卓」であってたような。笑

紙の部分が劣化しないように専用のケースに入れたり、B面曲の歌詞が見にくかったり、収納し辛かったり、確かに不便な点はありますが、90’s感というかバブル感ハンパないですよね。

 

8センチCDとDEEN

今回発売されたDEENのシングル『ずっと伝えたかったI LOVE YOU

なんとも90年代なタイトルですね。

どうやら歌詞にも”8センチCD”とか”ポケベル”とか、懐かしいワードか入っているようです。

ジャケットも、やはりマキシシングルよりも8センチの方が無駄な空間がなくいい感じ!

 

完全生産限定盤のようですがので、この機会に手に入れてみようかな・・・

 

ずっと伝えたかった I love you(完全生産限定盤)

ずっと伝えたかった I love you(完全生産限定盤)

 
ずっと伝えたかった I love you

ずっと伝えたかった I love you

 

ちなみにこんな商品もあるようですが、現在入手困難なようです。

広告を非表示にする